転写プリント

環境にやさしい転写プリント

転写プリント(昇華プリント)は、従来の捺染式プリントに比べ、各工程で廃液等による水質汚染、その他の公害問題がないので、ヨーロッパでは環境にやさしい『クリーンなプリント法』として主流になっています。

複雑な柄を綺麗に表現

グラビア輪転の優れた技術で印刷された転写ペーパーを使用し、従来の捺染プリントでは困難だった、写真調や多色などの複雑な柄やグラデーションを、多様な生地に綺麗に表現することができます。

クイックレスポンス

ヨーロッパ各国より直輸入した転写ペーパーを自社工場で、使用する素材に合わせて加工し、一貫して仕上げていますので、5mからの見本着から加工を承っています。
また、オリジナルプリントのデザイン・データ加工も当社スタッフが行い、転写ペーパーを作成しています。
下生地とペーパーが揃い次第、短納期にて納品させていただきます。

加工法 常圧転写(一般的転写法)        プロックス加工
真空転写
転写対応ペーパー 油性分散インク使用紙(一部水性分散インク使用紙可)
160cm幅/厚さ0.16~0.8mm紙まで3.5インチ芯管使用規格のもの。
転写対応素材 ●ポリエステル繊維、および準ずる繊維
*トリアセテート
*アクリル系
*印の素材は発色、物性面に注意が必要です。
●新開発のプロックス加工では天然繊維にもプリントが可能です。
転写対応素材規格 生地幅70cm~155cmまで。
※155cm~165cmまでの素材も加工できますが、プリント面は155cm幅となります。
また製品およびパーツ転写は別途ご相談ください。
その他の転写特性 転写プリントは転写紙に印刷された柄面を、熱と圧力により素材に移行昇華させるプリント方法で、水を使用しないため、溌水素材や無地仕上げ素材でも使用できる利点があります。
注意事項 表面凹凸のあるものや厚みのあるもの、毛足の長い起毛品は避けた方がよいと思われます。
主な問題点として生地によっては糸返りによるプリント欠点が生じるほか、縫製上で折り返しによる白目の原因にもなります。

その他の詳細に関しましては、専門のスタッフがお答えいたします。

▲ページ先頭に戻る

トップページ会社概要お問い合わせ

Copyright © 2009 Takebishi Co.,Ltd All rights reserved.