転写プリント

転写プリント、転写加工、天然繊維に転写プリント

●転写プリント・転写加工についてのご注意とお願い

転写プリントのペーパーは分散油性インクにて作られ、常圧熱昇華転写しております。
従いまして通常加工する生地はポリエステル及びポリエステル高混率複合素材です。
アクリル、ナイロン、トリアセテートも、それぞれ発色に差はありますが加工できます。
綿、シルク、麻等は加工時点で汚染染着されるだけで、全く定着されませんので、加工方法が変わります。→新開発 プロックス加工とは
(参考:ポリエステル/綿混等は未然にウォータースポットや堅牢度低下を防ぐ為に、加工上り後にソーピング《別途料金》をお勧めしております)

下生地に応じて生地と加工との物性条件、仕上げ方法が多少異なる場合がありますが、一般的に下記の取り扱いを基準にしてください。

基本的なお取り扱い

  1. 裁断は一反取りにしてください。
  2. 転写の特性上、生地表面のみにプリントされますので、織物に転写される場合は糸返りが発生しやすいため、ミシン糸は紡績糸を避けてポリエステルフィラメント糸の60~50番を使用し、針は糸返りやニットの糸切れに注意しながら針を決めてください。(参考:DAXI・9S又は11Sが適当です)
    針先つぶれにはご注意ください。またミシン調子は押さえ圧を低くした上、テフロン押さえ金の使用をお勧めします。
    針板の針穴直径は小さいものが良いです。ミシン糸張力は「弱い」にしてください。(参考:ミシン速度3000針/分程度迄、縫目は荒い目14~16針/3cm)
  3. 転写プリントは、熱昇華によりプリントされているため耐熱性が悪く、特に一般仕上げプレスの場合、乾熱アイロン当て布120度(弱)以下、当て布無しの場合は110度以下、スチーム噴射式は使用しないでください。
    また、プリーツ加工は乾熱機械プリーツ紙を使用して130度にて予備試験をし、確認をお願いします。 なお紙は、完全に冷却した後はがしてください。
    蒸気熱プリーツは、機械及びハンド共に厳禁です。(参考:アカ系、ターコイズ系が特に熱による移行昇華温度が低いので温度に注意してください)

縫製後の洗濯絵表示は、下記のようにお願いいたします。

洗濯表示 注意事項
[洗濯表示]弱 30 中性 液温は30度を標準とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いにしてください。洗剤は中性洗剤を使用してください。
[洗濯表示]低温アイロン アイロンはあて布をして、低い温度(100度前後)で掛けてください。
[洗濯表示]ドライ セキユ系 ドライクリーニンクができます。溶液はバークロルエチレン、または石油系のものを使用してください。
[洗濯表示]絞らないでください 絞らないでください。
[洗濯表示]日陰干し よくすすぎ、水をきって日陰でつり干しにしてください。

その他の詳細に関しましては、専門のスタッフがお答えいたします。

▲ページ先頭に戻る

トップページ会社概要お問い合わせ

Copyright © 2009 Takebishi Co.,Ltd All rights reserved.